ペットホテル・フリースペースペットホテル マニュアル
トップ
<ペットホテルの現状>
 

ペット飼育家庭の急増に伴い注目を集めているのがペットホテル(ペットの一時預かり)です。
ペットブームであり、旅行ブームでもある現代にペットホテル(もしくはペットシッター)は必要不可欠であり、需要が急激に伸びているのは確かです。
年末年始、夏期休暇中はペットホテルの需要は常に各施設の引き受け能力を上回っています。

ペットショップはもちろん、トリミングサロン、動物病院など、あらゆるペット関連の施設がペットホテルを併設しています。
各施設によってサービスやオプションのグレードが様々で、料金と各サービスの違いを天秤にかけ、愛犬家は利用施設をうまく利用するようになりました。
昨今のサービスには、ペットの預かりスペースにカメラを併設し携帯電話で旅行先から自分のペットの姿を確認できるような仕組みも普及しています。
また、トリミングサロンでの預かりになると、預かりの間にトリミングを済ませておくなど、一石二鳥であるのも特質しています。
また、こういった施設にはコストを惜しまない愛犬家も増えており、良いサービスを望め、料金の高額なルームから満室になるといいます。

昨今人気が出ているのはフリースペース(ケージレス)のペットホテルです。
一切、ケージに入れず、取り扱う頭数を制限し、スタッフと一緒に寝たり、寛いだりして、自宅で過ごすように、家族のように過ごすシステムです。
これにより、ゲージに閉じ込められることからのストレスを少しでも軽減させることができるようになりました。
従来のペットホテルとは別物として注目をあつめています。
ケージにいれるというシステムは(愛護の観点からも)これからの愛犬家には受け入れがたいものになっていくでしょう。

 

 
<従来型のペットホテルからフリースペースペットホテルへ>
 

従来のペットホテルは、トリミングサロンや動物病院に併設されているものが殆どでした。
需要が増えてくるとともに、ペットホテルを中心に営業を行っているところも増えてきています。
また店舗を新たに構えてペットホテルを始めるのではなく、自宅のフリースペースを利用してペットホテルを始める事業も増えました。

フリースペースペットホテルとは、自宅の一部を解放し自宅兼ホテルとして気楽にお客様のペットを預かる形です。人にもペットにも優しいフリースペースペットホテルのシステムが新たな業種として注目されています。
いわゆる昔ながらのペットホテルのケージの中という冷たい異空間ではなく、生活感のある温かなファミリースペースに預けるという、実にプレミアム感のあるペットホテルなのです。
自宅のフリースペースでコストもかからず、気軽に始めることが可能ですし、頭数も数等(1〜5頭)と限られてくる事から、逆にプレミアム感がでてくると言えます。
快適な施設を用意し、見た目的にもお客様を迎え入れるだけの準備は必要ですが、環境を整えれば料金が多少高くても許されることになります。温かな気遣いで新たな需要を獲得できるのは確実です。

また、繁忙期、停滞期が激しく、シーズンによって需要が左右されるペットホテルですが、自宅で副業として始めるにはストレスなく始める事ができます。特に専業主婦や、定年後の副業として非常に向いているペットビジネスの形です。
また、長年続けていると、リピーターが増え、定期的な依頼が増えていくため、安定した収入を得る事が可能です。

 

 
<ペットホテルを始める上で必要なこと>
 

ペットホテルをスタートするのに特別な知識は必須ではありません。一般愛犬家の知識でも始める事は可能です。
ただし各犬種の特質や、基本的な衛生管理術、病気に対する知識はある程度必要です。
様々な犬種・様々なしつけレベルの子が集いますから、基本的なトレーナーのスキルも少しあった方が安心でしょう。

生体を預かる責任感と、緊急事態に備えての準備、すぐにかけこめる専属の獣医師は必要です。
スペースについては、店舗を持つ形か自宅でのフリースペース形式のどちらかを選ぶかにもよりますが、そう広大な敷地は必要ありません。

 
 
ペットホテルトップ
開業準備
広告 営業活動
実業務の詳細
トラブル対策